「自然は神の芸術なり」

みんなご存じ、ダンテの言葉。

人工物の少ない自然界に身をおいて遊ぶと、正に自然に、この言葉が思い出される。

ダンテ・アリギエーリ(1265年 – 1321年)は、イタリア・フィレンツェの詩人、哲学者。イタリア文学最大の詩人で、ルネサンスの先駆者とも言われる。その感性は700年経った現在においても一定の正しさを保ち続けている。

植物が生えはじめた火星のような光景。

九州の山々は予想を越えて様々な表情を持ち、スケール感に富み、感動を与えてくれた。

山肌は崩れたいように崩れ。

岩は隆りたいように隆り。

花は咲きたいように咲き。

雲は流れたいように流れ。

木は曲がりたいように曲がり。

キノコも生えたいように生える。

九州遠征「山と混浴とフェスと帰省」の詳細記事は、こちら。

カテゴリー: ARTICLE

たかくら3

たかくら三兄弟の三男坊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です