“田を植えながらの早乙女たちの話”なんかが代表して、結構猥雑な内容が多い。んだけども、それがまた艶かしくて体温があっていい。世界の均一化が進むなかで“失うべきではない日本人の感覚”を学ぶことができる。

昭和十四年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフストーリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台に浮かびあがらせた宮本民俗学の代表作。

カテゴリー: BOOK

たかくら3

たかくら三兄弟の三男坊。