御在所あたりで遊んだあとは「三休の湯」か「片岡温泉」で温もるのがおすすめです。

片岡温泉ののれん

片岡温泉ののれん

天井が高く、建物外観、内装ともにおしゃれでいい感じです。

片岡温泉

片岡温泉の駐車場はとても広いので車を駐車するのに困ることはない。

|美人の湯 片岡温泉

100%源泉かけ流し。これはポイントが高いです。まるでオーガニックにこだわった化粧水に浸かっているかのような優しい温泉水が体を癒してくれること間違いなし。肌もツルンツルンになります。以下、脱衣室のB2ポスターより引用。

片岡温泉は、地下1200mより湯口で丁度42℃前後の源泉を毎分780ℓ、加水・加温・循環せずにシャワーも含め贅沢にかけ流しており、自然のままの温泉成分や、さまざまな効果効能を直接体感いただけます。 また「美人の湯」と言われる訳は、泉質であるアルカリ性単純温泉により肌がすべすべになるからで、科学的にも不要な角質をとり“ツルツル肌”をつくる効果や毛穴の汚れをとったりメラニンを分解したりすることによる“

なんかすごいってことみたいです。

おしゃれな空間づくり

おしゃれな空間づくり。これが温泉?!って思ってしまう。

郊外だからこそなせる土地の使い方。
豊かな湯量だからこそなせる源泉かけながしという贅沢。都会ではまずこういうことはできないので、やはり“温泉のある開発され過ぎてない場所”は豊かだと思う。休憩ルームではいわゆる「人をダメにするビーズクッション」が転々と配置され、みんな思い思いの場所にごろごろしている。その光景は平和感が半端なく、入浴後のストレッチも広々でき、いろいろと整えることができる。これで六百円也。お手頃だと思う。御在所山系で遊んで心身ともにリフレッシュし適度な疲労感を得て良質な温泉で体を癒す。これはとてもいい1日の過ごし方だと思う。健康的。

片岡温泉と同じ敷地内にパン屋やピザ、パスタを食べられる店、宿泊施設や畑も構えられており、いろいろと楽しめる。

この日は栗とゴルゴンゾーラチーズのパスタとアンチョビとオリーブのピザを食べた。

実は今回来たのは三回目だ。毎回露天風呂から見える高速道路の工事が進んでいてその進捗を確認している(ナニサマ?笑)この、高速道路建築の迫力(圧迫感)が半端ではない。とても大きなコンクリートの塊が空を埋めている。前回来たときはまだ道が繋がっていない“工事中”、今回は“道が完成していたがまだ車が走っていない状態”だった。今のところは露天で、風に揺れる笹の音や秋の虫の声、星も楽しめる環境だが車の往来が始まると雰囲気は変わってしまうだろう。

開発が進むと利便性が高まる一方でせっかく作ったいい感じの空間が台無しになるパターンはよくある。特に自然界への手入れはよくよく考えてなるべくしない方がいい。そのバランス感覚を養うためにみんなもどんどんアウトドアに出掛けていい温泉に入って健康を磨くべし。

カテゴリー: HOT SPRING

たかくら3

たかくら三兄弟の三男坊。