懐かしい写真を発見したので備忘的に投稿。厳冬期の大山です。

大山

ふとした晴れ間の写真。110リッターのザックパンパンにして背負って楽しい山行だったことを記憶しています。

山頂近くに竹ペグでテント張ったけど結局雪洞で寝たんだった。この時に雪洞の暖かさ、静かさを体感してから雪洞泊にはまった。焚き火のように「その場にあるもの」を使って快適さを得る工夫は軽量と迅速の原理に適合するので、雪洞は好きです。あらゆる知恵を身に付けることで究極のULを実現できるのではないかと気付きを得た山行。

 

カテゴリー: TRIP

たかくら3

たかくら三兄弟の三男坊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です