ドリカム式に、出発は金曜日に定めた。

18時。

この時間に間に合うようにきっちり仕事をまとめ、時間ぴったりに会社を脱出した。

通称「ロクピタ」。

阿波座駅からさんふらわあ号乗り場までの移動。せきしょうチャンネルのせきしょうと会社から無事脱出できたことを祝いあいながら、電車に揺られていた。

早速珍事件が発生する。

車両と車両とを連結するあの蛇腹部分に“男がはまっていた”のだ。なんとも説明が難しいが、とにかく“男がはさまっていた”。どちらの車両にいくこともできずにいたのか?窓に鼻をくっつけてすごくにっこりして、人馴れした鯉のように口をパクパクしながら自分達をみつめてくるものだから、Sさんはボソッとこうつぶやいた。

「ひらいちゃってるね」

“ひらく”。

この旅のキーワードである。

無事さんふらわあ号のチケットを発券し、乗船。Heart Beat Dixieland の陽気な音楽がウェルカムしてくれた。実力派のアーティスト。なんとなく、タイタニック感があって沈みそう、なんて思ってごめんなさい。さんふらわあ号は快適そのもの、しっかりと休養しDAY1を迎える。


たかくら3

たかくら三兄弟の三男坊。

1件のコメント

坂本慎太郎"坂本慎太郎LIVE2018"参加記録 | TAKAKURA3.COM · 2018-10-20 01:02

[…] 開演は20時。開場は19時。幸い会場である「味園ユニバース」は職場から近いのだが腹ごしらえもしたかったので親しい先輩しらっさんと息を合わせてロクピタ(ロクピタについてはこちらの記事参照)で会社を飛び出た。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です